ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

ホームホワイトニングの後戻りの原因と防止する方法

更新日:

ホームホワイトニングで後戻りする原因は?

薬剤を使ったホームホワイトニングでも、一定期間が経過して後戻りすることがあります。

・一度白くなったけれど数ヵ月が経って元の歯の色に戻った
・最初は綺麗だったけれど今は着色汚れが付着している

このような口コミを残している方は多く、後戻りする原因を見ていきましょう。

①私たちの口内では歯のエナメル質が溶け出す脱灰とミネラル分が戻る再灰石が繰り返されている

②ホワイトニングの薬剤を使うと薄い被膜のペリクル層を除去して意図的に脱灰の状態を起こす

③ペリクル層は再灰石化によって12時間~24時間を目安に自然と再生される

④ペリクル層が再生されていない状態で着色しやすい飲み物や食べ物を摂取する

⑤白くなった歯へと着色汚れが付着して後戻りしやすくなる

1日や2日でホームホワイトニングの効果が薄れる心配はなく、時間をかけて白く浸透させていくからこそオフィスホワイトニングよりも長持ちします。

しかし、ペリクル層がない状態で色の濃い飲み物や食べ物を食べると、薬剤の力でせっかく白くなった歯が元の状態へと戻りやすいので注意しなければなりません。

12時間~24時間が経過して再生されてからも少しずつ歯の着色は進みやすく、オフィスホワイトニングでもホームホワイトニングでも半永久的な効果は期待できないのです。

ホームホワイトニングの後戻りを防止する正しい方法をチェック!

以下では満足のいく白さを長期間に渡って維持するために、ホームホワイトニングの後戻りを防止する正しい方法をまとめてみました。

・綺麗になった白い歯をいつまでもキープしたい
・歯の見た目が良い状態が長く続いて欲しい
・ホワイトニングの効果を最大限に高めたい

このように考えている方は一度チェックしておきましょう。

ホワイトニングジェルを使ってブラッシングする

後戻りして歯が黄ばんだり茶色くなったりするのを防止したいのであれば、自宅でケアできるホワイトニングジェルがおすすめです。

ホワイトニングジェルはホワイトニング歯磨き粉とも呼ばれていて、普段と同じようにブラッシングすればOKで使い方は難しくありません。

①インターネット通販で自分の好きなホワイトニングジェルを購入する

②適量のホワイトニングジェルを歯ブラシへと出す

③気になる部分を中心に全体的にブラッシングをする

④植物酵素やエキスの力で表面のステイン汚れを洗い流してくれる

上記のメカニズムで輝く歯へと導く効果があり、薬剤を使ったホームホワイトニングで白くなった歯をキープすることもできます。

ジェルだけでも白くする効果は期待できるものの、着色汚れやヤニ汚れが酷いのであれば併用するのは選択肢の一つです。

口コミで高い評判を獲得している「はははのは」は硬すぎず緩すぎないジェルが歯の隙間に入り込んで黄ばみへとアプローチしてくれますので、毎日のブラッシングで利用してみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


食後にブラッシングするクセをつける

歯に汚れが付着したままの状態が続くと着色汚れの原因となるため、ホームホワイトニングで手に入れた白さを維持するには食後のブラッシングがおすすめです。

・食後の口内は食べカスがいっぱいで細菌の恰好のエサとなりやすく、食後直ぐに歯磨きした方が良い
・食後の歯の表面は酸性の状態となり、直ぐに磨くと磨り減る可能性があるので食後30分を目安に歯磨きする

このように歯科医師の中でも意見が分かれていますが、日々のブラッシングが重要な点では違いありません

歯を1本1本丁寧に磨くのは虫歯や歯周病の予防にも繋がりますので、口内の健康を保つ目的でも食後のブラッシングを忘れないようにしましょう。

再着色しやすい3時間~4時間は色の濃い食品を避ける

薬剤でホームホワイトニングを行ってから3時間~4時間は、再着色しやすい時間帯となっています。

この時間帯に色の濃い食品を摂取すると後戻りしやすいので注意しなければなりません。

<ポリフェノールを含む食品>
・赤ワイン
・ブドウ
・ココア
・チョコレート

<色の濃い飲み物>
・コーラ
・ウーロン茶
・コーヒー
・炭酸飲料

<色の濃い食べ物>
・カレー
・ソース
・ケチャップ
・ほうれん草

上記の食品が該当し、白さを失わないためにもなるべく避けるべきです。

歯科医院でデュアルホワイトニングを行う

後戻りを予防して満足のいく歯の白さをキープしたいのであれば、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うデュアルホワイトニングをおすすめします。

・芸能人や有名人のように綺麗で真っ白な歯を手に入れられる
・月日が経過しても色戻りがしにくくて理想の状態をキープできる
・歯科医院へと頻繁に通院しなくて済み、自宅でケアをする時間が長くなる

こういったメリットがデュアルホワイトニングにはあり、自宅でのケアで満足のいく変化を得られない方にもピッタリです。

ただし、どのホワイトニングよりも高額な費用を支払わなければならないデメリットがあるため、本当に今の自分に必要な処置なのかゆっくりと考えてみてください。

-ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.