ホワイトニングと副作用

ホワイトニングジェルに知覚過敏のリスクはある?

更新日:

知覚過敏の症状や原因は?

知覚過敏とは、虫歯や歯周病ではないのにも関わらず歯がしみる症状のことを指します。

・冷たい飲み物を飲んでキーンとなる
・歯に風が当たってズキっと痛む
・何もしていないのにヒリヒリする

このような状態を知覚過敏と呼び、歯の表面を守っているエナメル質から神経のある象牙質がむき出しになって刺激が内部へと入り込むことでしみたり痛んだりするのです。

風が当たるだけで痛むのはとても不愉快な症状で、日常生活に支障が出るケースも決して少なくありません。

そこで、以下では知覚過敏が引き起こされる原因を幾つか挙げてみました。

・毛先が固い歯ブラシを使用してゴシゴシと力を入れてブラッシングしている

・睡眠中の歯ぎしりで知らず知らずのうちにエナメル質が削れている

・矯正治療で噛み合わせが悪く、一部分の歯へと刺激が加わっている

・コーラやサイダーなどの炭酸飲料の過剰摂取で歯が溶ける酸蝕歯(さんしょくし)を患っている

・虫歯の放置で歯に穴があき、象牙質が露出して継続的に痛んでいる

・加齢による影響で歯茎が痩せ細っている(20代と比べて50代の人は歯茎が6㎜も下がる)

加齢による仕方のない現象も考えられますが、日常生活の中に原因が潜んでいることもあります。

ホワイトニングジェルの使用で知覚過敏のリスクはあるの?

ホワイトニングジェルを使用して歯を白くするに当たり、知覚過敏のリスクがあるのかどうか疑問を抱えている方は多いでしょう。

しかし、歯科医院で行うオフィスホワイトニングやホームホワイトニングとは違い、ホワイトニングジェルでは歯がしみることはありません

知覚過敏のリスクなく歯の表面の汚れを除去して黄ばみを改善することができ、その理由をまとめてみました。

・歯科医院のホワイトニングで使われている過酸化水素などの薬剤が入っていない
・天然成分や植物エキスなど低刺激に拘って作られている
・毎日使用している歯磨き粉の代わりとしてブラッシングができる

ホワイトニングジェルとは異なり、歯科医院のホワイトニングは効果と知覚過敏がトレードオフの関係になっています。

使用する薬剤の濃度が高いほど歯を白くする効果が上がるのですが、その代わりに正常な歯でも薬剤の刺激で痛んだりしみたりしやすいのです。

中でも高濃度の薬剤を使うオフィスホワイトニングは知覚過敏のリスクが高く、痛みが発生するメカニズムを見ていきましょう。

①30%の濃度を超える過酸化水素が薬剤として使われている
②歯の表面にあるペリクル層と呼ばれる被膜を剥がす作用がある
③薬剤を塗布した後に特殊な光線を当てて効果を高めていく
④作用時間が長いほど一過性の知覚過敏が起こりやすくなる

「虫歯によって象牙質がむき出しになっている」「歯周病で象牙質がエナメル質に覆われていない場所がある」「歯ぎしりで歯の先端がひび割れている」といった方は、痛みが出やすくなります。

その点、ホワイトニングジェルでは濃度の高い薬剤を使用することはなく、痛みで悩まされる心配は一切ありません

ネット通販で人気の「はははのは」は潤い成分のオリーブ油や保護成分のアロエエキスを含み、完全無農薬のオーガニック素材で口内環境を整えながら歯を白くできます。

知覚過敏で悩まされずに理想の白い歯を手に入れたい方は、是非一度「はははのは」を使ってみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


知覚過敏が引き起こされた時の正しい対策法は?

ホワイトニングジェルに知覚過敏のリスクはなくても、歯ぎしりなど他の原因で痛みが出たりしみたりすることがあります。

そこで、以下では少しでも痛みを軽減するに当たり、どんな対策を練れば良いのか幾つか挙げてみました。

歯へと加わる刺激を取り除く

歯へと加わる刺激を取り除いてあげるのが知覚過敏の一番の対策です。

ホワイトニングで使われる薬剤以外にも、日々の生活で歯には何かしらの刺激が加わっています。

・冷たい飲み物を飲む
・熱い食べ物を口にする
・毛先が固い歯ブラシで磨く

軽度の症状であれば、上記の点に気を配るだけでも痛みは引いていくでしょう。

ホームホワイトニングによる知覚過敏はあくまでも一時的な症状ですし、数時間~数十時間程度口の中を安静にしていれば自然とおさまります。

知覚過敏用の歯磨き粉を使用する

早く不快な症状を取り除きたいのであれば、歯科医院を受診して専門医による診察を受けるのが先決です。

しかし、仕事が忙しくて受診する時間がない方には、知覚過敏用の歯磨き粉の使用をおすすめします。

・ライオンの「デントヘルス薬用ハミガキ しみるブロック」
・第一三共ヘルスケアの「クリーンデンタルセンシティブa」
・アース製薬の「シュミテクト」

これらの商品が該当し、硝酸カリウム(カリウムイオン)が象牙質をカバーして象牙細管へと刺激が加わらないように施してくれるのです。

しみるからといって歯を磨かないのは虫歯のリスクが高まりやすいので、知覚過敏用の歯磨き粉で優しくブラッシングをしましょう。

唾液の分泌量を増やす

唾液の分泌量を増やすと、再石灰化のサイクルを呼び起こしてしみる症状を未然に防げます

口内を殺菌して虫歯や歯周病を予防することもでき、ドライマウスで悩んでいる方にもおすすめの方法です。

・水やミネラルウォーターで小まめに水分補給をする
・毎日の食事で咀嚼の回数を意識して増やす
・唇や舌を動かす体操やエクササイズを行う
・キシリトールガムやシュガーレスガムを噛む

上記の方法で唾液の量を増やすことができますので、知覚過敏の予防や対策として取り組んでみてください。

-ホワイトニングと副作用

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.