ホワイトニングジェルの選び方

ホワイトニングジェルの正しい選び方!比較すべきポイントは?

更新日:

ホワイトニングジェルの正しい選び方!比較すべきポイントをチェック!

手軽に自宅で使用できるのがホワイトニングジェルのメリットですが、以下の悩みを抱えている方は少なくありません。

・商品の種類が多すぎてどれを選べば良いのか分からない
・少しでも歯を白くする効果が高い製品が良い
・何を基準に選択すれば良いのか知りたい

「実際に購入してみたけれど変化がなかった・・・」という失敗を防ぐために、ホワイトニングジェルの正しい選び方についてまとめてみました

どんな点で比較すれば良いのか一度チェックしておきましょう。

着色汚れを落とす成分が入っている

市販されている歯磨き粉は製品によって得られる効果が異なります。

・フッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムを含んでいて虫歯を予防できる
・硝酸カリウムや乳酸アルミニウムが入っていて知覚過敏を予防できる
・殺菌作用を持つ塩化セチルピリジニウム(CPC)が入っていて歯周病を予防できる

複数の効果が合わさっている歯磨き粉は幾つかありますが、「歯の黄ばみを除去したい」「歯を白くしたい」とホワイトニング効果を実感したいのであれば着色汚れを落とす成分が入っていなければ意味がありません

具体的にホワイトニングジェルの中に含まれている着色汚れを落とす成分を幾つか挙げてみました。

・ハイドロキシアパタイト
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・ポリアスパラギン酸
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)
・PEG‐8(マクロゴール400)

商品説明や成分一覧表にこれらの表記があるホワイトニングジェルを使えば、毎日のブラッシングで表面に付着した汚れを浮かして取り除いてくれます。

どれもステイン除去剤の代表的な洗浄成分ですので、選び方の参考にしてみてください。

医薬部外品に指定されている

確かな効果を得るために、日本の薬事法に規定されている医薬部外品として認可を受けているホワイトニングジェルなのか確認すべきです。

化粧品の中には医薬部外品や薬用と表記された製品があり、それぞれの大まかな違いについて見ていきましょう。

医薬品⇒医学的に効果や効能が認められていて病気の治療や予防として使われている
医薬部外品⇒効果や効能が確認されているものの、作用は穏やかで予防の範囲におさまる
化粧品⇒薬ではないので効果を明記することはできず、美容を目的として開発されている

現在では医薬部外品に指定されたホワイトニングジェルが多く、医薬品と化粧品の中間的な位置付けとなります。

病気の治療には繋がらなくても、効果や効能が確認されているからこそ信頼性が高いと判断できるのです。

また、化粧品メーカー独自の判断で作っているのではなく、製薬会社と共同で開発されているのかどうかも目安となります。

「どんな製薬会社と共同開発しているのか?」「どんな工場で製造しているのか?」といった情報は、公式ホームページで確認してみてください。

研磨剤や発泡剤が含まれていない

安全に歯を白く導くに当たり、研磨剤や発泡剤が含まれていないのかどうかでホワイトニングジェルを比較しなければなりません。

市販の歯磨き粉の中に入っているケースが多く、どんな働きや影響があるのかまとめてみました。

研磨剤⇒ヤスリのように表面を削ってなだらかにする効果を持つものの、歯の表面のエナメル質が削られて知覚過敏のリスクが高くなる
発泡剤⇒ブラッシングの際に泡立たせる成分で、「今日もしっかりと磨けているな!」と錯覚しやすい

長期間に渡って研磨剤入りのホワイトニングジェルを使っていると、エナメル質が削れてダメージが加わります。

発泡剤入りのホワイトニングジェルに関しても、「磨けていると錯覚する」⇒「歯の隙間に汚れが残る」⇒「虫歯や歯周病の原因となる」と口内の健康が失われる大きな原因です。

そのため、研磨剤や発泡剤が含まれていない無添加の製品がおすすめで、科学的に色素を分解する成分が入っていれば表面の汚れを落として歯を白くするホワイトニング効果が得られます。

ネット通販で人気の「はははのは」には、以下の添加物が一切含まれていません。

・研磨剤
・漂白剤
・発泡剤
・着色料
・合成界面活性剤
・パラベン

無添加に拘った品質の高いホワイトニングジェルですので、黄ばみで悩む方は「はははのは」を試してみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


長く継続しやすい価格かどうか

長く継続しやすい価格かどうかは、ホワイトニングジェルの選び方で押さえておきたいポイントの一つです。

・料金が高い製品ほど歯を白くする有効成分の量が多い
・値段が高ければ高いほど高品質の証

上記のようにイメージしている方は多いものの、自宅でブラッシングをして歯を白くしていくホワイトニングジェルは長期間に渡って使わなければなりません。

1日や2日など短い期間で変化を得ることはできず、「自分の予算の範囲内におさまっている」「お手頃な価格で長く継続しやすい」といった点は大事です。

また、単品での価格だけではなく定期コースの料金も同時にチェックしておきましょう。

・毎月自動で届けられる定期コースや定期便が用意されているのか?
・初回や2回目の価格でどのくらいの割引がされるのか?
・何回までの継続が最低限必要でいつになったら解約可能なのか?

これらを踏まえて総合的に判断し、長く続けられるホワイトニングジェルを探すべきです。

インターネット上での口コミの評判が良い

あくまでも参考程度ですが、インターネット上での口コミの評判が良いのかどうかもホワイトニングジェルを比較するポイントとなります。

「ジェルの味はどうなのか?」「ジェルの臭いは刺激的ではないか?」といった使用感は、実際に使ってみた人の意見が参考になるのです。

良い口コミや評判だけではなく、悪い口コミも同時にチェックして良さそうだなと思えるホワイトニングジェルを見つけてみてください。

-ホワイトニングジェルの選び方

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.