ホワイトニングと副作用

歯茎の炎症のリスクがないホワイトニングジェル

更新日:

ホワイトニングによる歯茎の炎症の原因は?

歯科医院でオフィスホワイトニングやホームホワイトニングを行い、歯茎の炎症のトラブルを引き起こすケースは少なくありません。

・歯茎が炎症を起こしてしまいました
・歯茎が赤く腫れ上がっています
・マウスピースを外してもヒリヒリと痛いです

このような口コミを残している人はいて、濃度の高い薬剤を使っているのが原因です。

歯を白くするために歯科医院でのホワイトニングでは専用の薬剤を使う形となり、代表的な成分を幾つか挙げてみました。

 

オフィスホワイトニング⇒オキシドールと同じ成分で高濃度だと危険性が高くなる過酸化水素

ホームホワイトニング⇒過酸化水素よりも漂白効果が弱い代わりに刺激が少ない過酸化尿素

 

上記の薬剤が浸透すると漂白効果を発揮し、歯の黒ずみや黄ばみなど見た目の悪いイメージを改善できます。

ホワイトニングの処置を受けるに当たって欠かせない存在ですが、薬剤の中に含まれている一部が歯茎と反応して炎症を起こし、腫れ上がったりピリピリとした刺激を感じたりするのです。

ホワイトニングで歯茎の炎症や痛みが起こりやすい人の特徴は?

以下では、歯科医院で実施されているホワイトニングで、歯茎の炎症や痛みの症状が起こりやすい人の特徴を幾つか挙げてみました。

 

・睡眠中の歯ぎしりの症状が酷くて表面のエナメル質にヒビが入っている

・虫歯のある状態でホワイトニングを行って薬剤が内部へと浸透している

・日本で認証されている薬剤よりも高濃度のものを海外から個人輸入して自宅で使っている

 

基本的に歯茎の炎症は慢性化しにくく、刺激を与えていなければ自然とおさまりますので神経質になる必要はありません。

しかし、あまりにも患部が腫れ上がっていたり痛みが引かなかったりという場合は、自己判断で続けるのではなく早めに医師へと相談すべきです。

特にホームホワイトニングではマウスピースを歯科医院で作成してから自宅で薬剤を塗布する処置を自分で行う形となり、安全に歯を白くするためにも正しいやり方を伺っておいてください。

歯茎の炎症のリスクがないホワイトニングジェルを使おう

・歯に痛みが出るのが怖い
・安全に歯の黄ばみを改善したい
・歯茎の炎症のリスクを負いたくない

このように考えている方には、自宅で歯磨き粉の代わりとして使用できるホワイトニングジェルがおすすめです。

基本的には歯磨き粉と変わらず、ホワイトニングジェルは医療機関での処置とは違って歯茎の炎症のリスクが一切ありません

口内へと刺激を与えることなくステイン汚れを落として歯を白く導くことができ、その理由をまとめてみました。

 

・過酸化水素や過酸化尿素など歯科医院のホワイトニングで使われている薬剤が入っていない

・ポリリン酸ナトリウムや植物酵素など低刺激の汚れを落とすエキスが使われている

・歯のエナメル質を削り取る研磨剤を含んでいない製品が多い

 

「既に虫歯の症状が悪化している」「歯茎の状態が芳しくない」といった方でも、安全に毎日のケアとして取り入れられるのがホワイトニングジェルのメリットです。

もちろん、虫歯を放置していると歯の神経に激しい痛みが走ったり副鼻腔炎を併発したりというリスクがあり、早めに治療を受けなければなりません。

それでも、濃度の高い薬剤を使わずに汚れを浮かせて取り除くことができ、自宅でホワイトニングを考えている方にはジェルの使用がおすすめです。

無添加素材で作られた「はははのは」がおすすめ!

ホワイトニングジェルの選び方で迷っている方には、製薬会社(メディカルドーズ)と共同開発で作られた「はははのは」をおすすめします。

「はははのは」であれば歯茎の炎症が引き起こされることはなく、無添加素材で作られているのが理由です。

・エナメル質を削り取る研磨剤

・歯を白く染める漂白剤

・化粧品に色をつける着色料

・泡立ちを良くする発泡剤

これらの添加物は全て除去されていて、口内を保護する10種類のオーガニック成分でデンタルケアができます。

効果以外にも安全性に拘りがあり、歯科医院でのホワイトニングでトラブルが起きてしまった方は「はははのは」を使ってみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


歯茎の炎症を抑える正しい対処法は?

安全なホワイトニングジェルを使っていても、細菌の繁殖や歯肉炎、歯周炎などが引き金となって歯茎が炎症を起こすことがあります。

以下では歯茎の炎症を抑える正しい対処法を幾つか挙げてみました。

 

・鈍痛やズキズキした痛みが出ている時は膿が溜まっているサインで、濡れタオルなどを使って患部を冷やす

・殺菌効果を持つ成分が含まれたイソジンやコンクールなどのうがい薬で口内を消毒する

・歯茎を傷付けて炎症が余計に悪化しないように柔らかい毛先の歯ブラシを使ってブラッシングする

・何も口にできないほど痛みが強い時は、ロキソニンなど市販されている痛み止めを服用する

 

痛みが強ければ日常生活に支障が出やすく、一時的な対処は大事です。

しかし、歯茎の炎症の根本的な原因を取り除けているわけではないので、症状の悪化を食い止めるためにも早めに歯医者を受診しましょう。

-ホワイトニングと副作用

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.