ホワイトニングジェルの使い方

ホワイトニングジェルを使用するベストな頻度

更新日:

ホワイトニングジェルを使用するベストな頻度は?

ホワイトニングジェルを使用するベストな頻度は、医療機関で薬剤を使うのか自宅で歯磨き粉の代わりとして使用するのかによって異なります。

・使用頻度が多ければ多いほど効果が出る
・使う回数を増やした方が良い

このようにイメージしている方は多いものの、正しいやり方で処置をしなければ歯や歯茎へとダメージが加わりやすいので気をつけなければなりません。

以下では歯を白くする方法別でベストな頻度や間隔をまとめていますので、是非一度チェックしておきましょう。

自宅で歯磨き粉として使うホワイトニングジェル

薬剤が入っていないホワイトニングジェルは、自宅で歯磨き粉の代わりとして使用できます。

・歯科医院へと通院しなくても自宅でブラッシングするだけでOK
・普段と同じように毎日数分間に渡って歯磨きをすれば良い
・インターネット通販で豊富な種類の製品からお好きなものを選べる

上記のようなメリットがあり、性別や年齢に関係なく愛用する方は増えました。

ホワイトニングジェルによって目安は異なりますが、使用頻度は毎日が正解です。

毎日寝起きと就寝前に歯磨きをしているのであれば、歯を白くする作用を持つホワイトニングジェルに変えて1日に2回に渡ってブラッシングするだけでOKで、特別なケアや処置は特に必要ありません。

①ホワイトニング効果を持つジェルや歯磨き粉を購入する
②適量のジェルを歯ブラシの上に出して1本1本丁寧にブラッシングする
③歯へと付着したヤニ汚れやステイン汚れを吸着して落としてくれる
④毎日の使用で少しずつ自然な歯の色へと変わっていく

こういったメカニズムで歯の黄ばみが和らぎ、歯の色が変わるだけでも見た目のイメージが明るくなって「暗い・・・」「老けて見える・・・」といった状態を改善できます。

歯科医院でのホワイトニングとは違って即効性はないものの、天然の植物成分がメインのホワイトニングジェルが多く、使い続けることで自然と口内環境も良くなっていくのです。

「製品の種類が多すぎて迷っている」という方には、「はははのは」をおすすめします。

効果と安全性の全てをクリアしたオールインワンハミガキジェルで、以下の評価を得ていました。

・ホワイトニングだけではなく口臭のケアもできるのが良いです
・口に入れても味がしないので磨きやすいです
・歯の黄ばみが消えて顔色が良くなりました

1日の使用頻度を増やしても歯や歯茎へとダメージが加わる心配はなく、綺麗な歯を手に入れるために「はははのは」を試してみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


歯科医院で行うオフィスホワイトニング

歯科医院で実施されているオフィスホワイトニングは、自宅でのホワイトニングジェルとは違って一度の施術で歯が白くなります。

頻度を増やさなくても濃度の高い薬剤を歯へと浸透させてライトを照射する形となり、他の方法と比べて効果の実感スピードが早いのがメリットです。

とは言え、オフィスホワイトニングの時に照射するライトは歯科医院で異なり、どんな違いがあるのか大まかにまとめてみました。

ハロゲンライト:ハロゲンライトの熱でホワイトニングの薬剤を活性化させることができ、20分~30分程度の施術で1段階~2段階程度白くなる
レーザー:アルゴンレーザーを歯へと照射して白くしていく方法で、施術時間が1時間~1時間30分と長い代わりに1回の効果が高い
スピードホワイトニング:強力なパワーを持つプラズマのライトの機器を使い、1回の処置でも数段階程度白くなる
マルチアーチホワイトニング:ハロゲンライトやキセハロゲンを照射し、1回で2段階~4段階の白さへと変化する

歯の黄ばみや着色汚れが酷い場合、ライトの種類によっては2回~3回の施術を受けなければなりません。

しかし、処置の頻度は決して多くありませんし、時間も短いので想像している以上に楽です。

・今の白くなった状態をずっとキープしたい
・後戻りをできる限り防ぎたい
・少しでも黄ばみが出るのが嫌だ

このように考えている方は歯科医師へと相談し、半年間~1年間に1回のサイクルでメンテナンスを行いましょう。

歯科医院と自宅で行うホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、以下のように歯科医院と自宅の両方で行います。

・初回に歯科医院を受診してマウスピースと薬剤を手に入れる
・自宅で薬剤を浸透させる処置を自分で行う

マウスピースを装着して薬剤を浸透させる頻度は基本的に毎日で、1回当たり2時間が目安です。

ホームホワイトニングをしている間は飲み物や食べ物を摂取できないので不便ですが、ゆっくりと確実に歯を白くできるのがメリットだと言えるでしょう。

・時間に余裕があって少しずつ歯を白くしたい
・自分が望む白さになるまで続けたい
・オフィスホワイトニングは費用が高くて金銭的に厳しい
・効果をできる限り長持ちさせたい

上記の人に専用の薬剤を使ったホームホワイトニングが適しています。

個人の歯の状態によって使用頻度は微妙に異なるため、自分勝手な判断で処置をせずにかかりつけの医師の指示に従ってください。

-ホワイトニングジェルの使い方

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.