ホワイトニングと副作用

自宅でのホワイトニングに副作用はある?引き起こされる症状は?

更新日:

自宅でのホワイトニングに副作用のリスクはあるの?

自宅でのホワイトニングに副作用のリスクがあるのかどうか、疑問を抱えている方は少なくありません。

基本的に薬剤を使ったホームホワイトニングでも、安全性は確立されています。

・厚生労働省から許可された薬剤を使っている
・オフィスホワイトニングよりも濃度の低い薬剤を使う

上記のような特徴があり、歯や歯茎へとダメージを与えずに白くするケアができるのです。

しかし、薬剤を使うからこそ副作用が皆無だとは言い切ることができず、どんな症状のリスクがあるのか見ていきましょう。

歯がしみる知覚過敏で悩まされる

ホームホワイトニングによる副作用で最も出やすい症状が知覚過敏で、冷たい飲み物を飲んだり熱い食べ物を食べたりした時に歯がしみます。

何かしらの理由でエナメル質の内側になる象牙質が露出し、ホワイトニングで使う薬剤が浸透するのが大きな原因です。

・歯へとひびが入っている
・虫歯の治療をした直後
・高濃度の薬剤を使っている
・1日の使用量や使用回数を守っていない

こういった人は知覚過敏の症状が出やすく、正しい方法で歯を白くするケアを行っていかなければなりません。

オフィスホワイトニングとは違ってホームホワイトニングでは歯が白くなるまでの時間が長いため、焦らずにゆっくりと処置を行うのがポイントとなります。

歯茎に炎症が引き起こされる

歯茎に炎症が引き起こされるのもホワイトニングによる副作用の一つで、薬剤によって刺激を受けるのが理由です。

・歯茎が赤く腫れ上がっている
・歯垢が付着して歯石が溜まっている
・歯周病を患っている

このような状態で薬剤を使うホームホワイトニングを行うと、痛みや腫れなどの刺激が加わりやすいので注意しなければなりません。

近年ではインターネット通販でマウスピースを購入し、ホワイトニングの薬剤を個人輸入で入手して歯科医院へと通院せずに処置を行えるようになりました。

しかし、薬剤による副作用は少なからずあるため、安全性を考慮するのであれば歯科医院で医師の正しい指示に従ってホームホワイトニングを進めるべきです。

ホームホワイトニングができない人の特徴は?

副作用や安全性の観点で、ホームホワイトニングができない人はいます。

どんな人が該当するのか幾つか見ていきましょう。

大きな虫歯やクラックがある⇒ホームホワイトニングでは一部分だけ薬剤の浸透を避けるのは難しく、過酸化水素や過酸化尿素の影響でしみる

既に知覚過敏を起こしている⇒痛んだりしみたりといった副作用の症状が余計に進行し、日常生活に支障を来たすケースがある

妊娠中や授乳中の女性⇒胎児や赤ちゃんに対して安全だという研究がなく、万が一の事態を考慮するとホワイトニングは避けるのが無難

光過敏症を患っている⇒薬剤の反応を促すLEDやライトを照射した際に何かしらの悪影響が起こる(薬剤の浸透だけのホームホワイトニングであれば安全)

全ての人が薬剤を使って歯を白くするケアができるわけではなく、別の方法を探した方が良いケースも十分に考えられます。

その判断を素人が下すのは難しいため、自分勝手な判断で行わないで医師の診察を受けてからホームホワイトニングへと取り組んでみてください。

自宅で使うホワイトニングジェルには一切の副作用がない!

薬剤を使ったホームホワイトニングとは異なり、自宅で歯磨き粉の代わりとして使うホワイトニングジェルには一切の副作用がありません。

・歯磨き粉と同じように歯の表面を歯ブラシで磨くだけで良い
・過酸化水素や過酸化尿素などの医薬品成分が入っていない
・歯を削ったり漂白したりするのではなく、汚れを浮かせて取り除くだけ

ホワイトニングジェルにはこのような特徴があり、自宅で歯を白くする方法の中でも安全性が高いと注目を集めています。

痛みや腫れなどの副作用は一切ありませんし、インターネット通販でお好きな製品を購入してから直ぐにケアを始められるのがメリットです。

どんなホワイトニングジェルが良いのか迷っている方は、他の製品よりも安全性の高い「はははのは」を使ってみましょう。

・研磨剤や発泡剤などの余計な添加物を使わない無添加に仕上げている
・歯を保護する10種類のオーガニック成分を含んでいる
・製薬会社のメディカルドーズと共同開発で作られている

上記のように安全性に拘っていますので、「はははのは」で白い歯を目指してみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


-ホワイトニングと副作用

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.