ホワイトニングジェルの選び方

重曹はホワイトニングジェルの代わりになる?どんな効果がある?

更新日:

重曹にホワイトニング効果はあるの?

現在では重曹にホワイトニング効果があるのではないかと噂されていて、歯磨き粉の代わりとして使っている方はいます

そもそも、重曹とはどんなものなのか簡単にまとめてみました。

・薬局やドラッグストアで食用や掃除用の重曹が販売されている
・ふくらし粉やコンニャクの凝固剤として古くから重宝されている
・ナチュラルクリーニングの主役と言われるほど雑誌やテレビで取り上げられている

食用の重曹であれば口の中に入れても安全性が高く、歯磨き粉に混ぜてペースト状にしたり水が入ったボトルの中に溶かしてうがい薬として活用したりと使い方は様々です。

本当に歯を白くすることができるのか、期待できる効果について見ていきましょう。

高い研磨作用で着色汚れを綺麗に落とせる

重曹にホワイトニング効果があると噂されているのは、高い研磨作用で着色汚れを綺麗に落とせるのが理由です。

掃除で油汚れを落とすのと同じイメージで、強力な研磨力を利用して歯の表面に付着したステイン汚れを除去できます。

①日々の生活でステイン汚れが歯の表面に付着する
②通常の歯磨きでは綺麗に落とすことができない
③だんだんと黄ばみが生じたり茶色くなったりする
④重曹による歯磨きで綺麗に落とせれば歯が白くなったように感じる

歯を直接漂白するホワイトニング効果は得られないものの、汚れとなるタンパク質を分解してクリーニングする作用が期待できるのは間違いありません。

虫歯の予防に繋がる

重曹を使った歯磨きはホワイトニング効果に加えて、虫歯の予防に繋がると注目を集めています。

毎日のブラッシングを怠っている人ほど虫歯で悩まされやすく、なぜ重曹が役立つのか理由を見ていきましょう。

①口内に棲み付いている細菌が糖分をエサにして酸を作り出す
②酸による影響で歯を溶かすことが虫歯の始まり
③エナメル質はpH5.5以下で溶け始める性質を持ち、pHが低いままだと虫歯のリスクが高くなる
④重曹はアルカリ性の物質で口内を中和させる働きがある
⑤食後に酸性に傾いた状態を中和して歯が溶け始めるのを防げる

口内のミュータンス菌が棲み付いているのは誰でも一緒ですし、全てを殺菌することはできません。

しかし、重曹の中和作用によってpHが下がる状態を防げば虫歯になりにくい状態をキープできるというメカニズムです。

口臭の予防に繋がる

男性でも女性でも口臭は大きな悩みとなりやすく、考えられる原因を幾つか挙げてみました。

・タマネギやニラなど臭いを発生させる食べ物を食べる機会が多い
・口内が乾燥して唾液の分泌量が減少し、嫌気性菌が繁殖している
・緊張やストレスが引き金となってドライマウスの状態に陥っている
・歯周病の発症で歯垢(プラーク)が歯周ポケットの中に蓄積されている

これらの口臭は重曹で予防が可能で、酸性物質の臭いを中和して消臭する効果を持っているからです。

タブレットやガムによるマスキング作用で対策するのは効果的ですが、消臭作用の高い重曹を使ってみても良いでしょう。

重曹を使ったホワイトニングのやり方で押さえておきたいポイント

重曹を使ってホワイトニング効果や虫歯予防効果を得るに当たり、正しいやり方を押さえておかなければなりません。

中でも使用する重曹の種類が大事で、食用か薬用を選ぶ必要があります。

食用:不純物が少なくて粉が細かい
薬用:不純物が非常に少なくて粉が細かい
工業用:不純物が多くて粉のキメが粗い

上記のような特徴があり、工業用の重曹を使ったブラッシングはデリケートな口内には刺激が強すぎるのです。

汚れを落とす効果が高くてホワイトニングに繋がったとしても、歯のエナメル質が傷付けられては意味がないので注意しましょう。

また、歯磨きとうがいでは作り方が異なり、大まかなポイントをまとめてみました。

重曹歯磨き⇒重曹とハッカ油やグリセリンを混ぜてペースト状を作り、歯ブラシの上に乗せて優しく磨く

重曹うがい⇒500mlのペットボトルの中に3gの重曹を入れて溶かし、必要に応じてレモン汁を加えて口をゆすぐ

一般的な歯磨き粉よりも着色汚れを落とす効果が高く、1週間に1回程度と使用を制限すべきです。

重曹はホワイトニングジェルの代わりとなるの?

以上のように重曹には様々な効果があり、「ネット通販で販売されているホワイトニングジェルの代わりになるのでは?」と考えている方は少なくありません。

しかし、重曹による歯磨きやうがいは皆さんが想像するよりもリスクが大きく、どんなデメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

・高すぎる研磨作用によって歯の表面を覆っているエナメル質を削り取る恐れがある
・エナメル質が削れて中の象牙質がむき出しになると知覚過敏のリスクが高くなる
・歯磨きやうがいで誤って飲み込むと塩分の過剰摂取に繋がりやすい
・タンパク質を分解する加水分解作用でデリケートな口内の粘膜に刺激が加わりやすい
・口内がアルカリ性の状態に傾いていると歯石が付着して雑菌の繁殖に繋がる

エナメル質を削ったり粘膜にダメージを与えたりと、専用のホワイトニングジェルとは違って刺激が大きすぎるのです。

「重曹歯磨きの頻度が多い」「強く磨きすぎている」といった状態が続くと歯の状態は次第に悪化していきますので、研磨剤を含まないホワイトニングジェルの「はははのは」をおすすめします。

・研磨剤を含まないので歯の表面は傷付かない

・植物酵素の力で優しくステイン汚れを落とせる

「はははのは」にはこのような特徴があり、重曹による歯磨きを行う前に試してみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


-ホワイトニングジェルの選び方

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.