ホワイトニングジェルの選び方

研磨剤なしのホワイトニングジェルがおすすめの理由

更新日:

研磨剤の入った歯磨き粉を使うメリットは?

薬局やスーパーで販売されている歯磨き粉の中には、研磨剤が含まれた製品が幾つかあります。

研磨とは表面を削り研いで磨いていくことを指し、研磨剤入りの歯磨き粉の使用で得られるメリットを幾つか挙げてみました。

・歯の表面の汚れを取り除いてツルツルの状態になる
・効率良く歯垢(プラーク)を除去して虫歯を予防できる
・朝の忙しい時間帯でもブラッシングにかかる時間を短縮できる
・ステイン汚れを落として歯の黄ばみを改善できる

虫歯の予防に加えてホワイトニング効果も期待でき、知らず知らずのうちに毎日の生活の中で使っているケースは多いのではないでしょうか。

研磨剤なしのホワイトニングジェルがおすすめの理由をチェック!

結論から言うと、研磨剤入りの歯磨き粉やホワイトニングジェルはおすすめできません

・表面の汚れを落とせる効果は大きいのでは?
・虫歯の予防に研磨剤は欠かせないのでは?

上記のように考えている方は多いものの、皆さんが想像する以上にデメリットが大きいのです。

なぜ研磨剤なしのホワイトニングジェルや歯磨き粉がおすすめなのか、理由を一度チェックしておいてください。

歯の表面のエナメル質が傷付けられる

研磨剤が懸念されている理由は、歯の表面を覆っているエナメル質を傷付けるリスクがあるからです。

歯科医師の多くも「研磨剤なし」「研磨剤フリー」といったホワイトニングジェルを推奨していて、長くブラッシングを続けることでどんな悪影響があるのか見ていきましょう。

①私たちの歯は表面のエナメル質の下に神経に繋がる穴を無数に持つ象牙質がある

②研磨剤入りの歯磨き粉で磨くと表面のエナメル質も同時に削り取ってしまう

③目では確認できない細かい傷がエナメル質に形成される

④神経に刺激が伝わりやすくなって痛みが出たり知覚過敏になったりする

一生懸命に歯磨きをして歯の着色汚れを落として白くなったとしても、大事な歯を傷めていては本末転倒です。

しかも、象牙質の色が透けて見えて逆に歯の黄ばみが悪化するケースもありますので、十分に注意してください。

傷付いた箇所に汚れが入り込みやすい

研磨剤入りのホワイトニングジェルや歯磨き粉を使っていると、傷付いた箇所に汚れが入り込みやすいというデメリットがあります。

①長期に渡るブラッシングでエナメル質に細かい傷が形成される
②日々の生活の中で汚れが内部へと入り込んで蓄積する
③更に汚れて見えるという負のスパイラルに陥る

上記のようなメカニズムでホワイトニング効果を得るつもりが逆に歯の黄ばみや汚れを加速させているケースも少なくありません。

傷の中に再び汚れが入り込むと自力で取り除くのは難しく、長い目で見ると研磨剤は不要なのです。

また、既に歯周病を患っている人は歯周ポケットの中に小さな研磨剤の粒子が詰まりやすく、症状の悪化に繋がりやすいので気を付けましょう。

冷たい飲み物を飲んで歯がしみやすくなる

上記でも軽く説明しましたが、研磨剤によってエナメル質が傷付けられれば刺激が直接的に内部の象牙質へと加わります。

象牙質を守るバリア機能のような働きをしていて、そのエナメル質が失われれば「冷たい飲み物を飲んで歯がしみる」と知覚過敏の症状が出やすいのです。

・冷たい食べ物や飲み物を食べるのが辛い
・温かい飲み物を飲む時もたまにしみる
・歯ブラシの毛先が当たるとズキっとする
・風が当たるとキーンとしみる
・家族や友人に歯ぎしりを指摘されたことがある
・日常生活の中で歯を食いしばることが多い

これらに該当する人ほど既に知覚過敏の症状が始まっている可能性が高く、安全に歯を白くするには研磨剤なしのホワイトニングジェルを選んでください。

研磨剤なしの代表的なホワイトニングジェルは?

歯の硬さよりも柔らかいモール硬度3以下の研磨剤が入った歯磨き粉やホワイトニングジェルであれば、エナメル質や歯茎を傷付けずにブラッシングができます

アパガードなどの薬用ハイドロキシアパタイトは粒子の大きさが5μmと小さく、他の製品と比較してみれば安全です。

しかし、長期間に渡る使用でエナメル質が傷付いたり汚れが入り込んだりするリスクがあるのは紛れもない事実ですので、研磨剤なしのホワイトニングジェルをおすすめします。

研磨剤なしの代表的なホワイトニングジェルは「はははのは」で、以下の添加物は一切入っていません

・リン酸水素カルシウム(Ca)
・リン酸2カルシウム(Ca)
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸
・含水ケイ酸
・炭酸カルシウム
・酸化チタン
・ヒドロキシアパタイト
・マイクロクリスタリンワックス
・ピロリン酸カルシウム
・ピロリン酸2Ca

ジェルや歯磨き粉の中に配合されている研磨剤の粒子が小さいのかどうかはメーカーにしか分からず、公式サイトで記載されていないケースもあります。

つまり、最初から研磨剤なしのホワイトニングジェルを選んで歯を白くするのがベストで、是非一度「はははのは」を使ってみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


-ホワイトニングジェルの選び方

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.