ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

歯の消しゴムを使ったホワイトニングの効果や特徴

更新日:

歯の消しゴムを使ったホワイトニングの効果や特徴!自宅で可能?

ホワイトニング関連商品は数多く販売されていて、日本や海外で新製品が開発されることは少なくありません。

その中でも自宅で歯を白くするケアができることで、歯の消しゴムが注目を集めています。

鉛筆やシャープペンシルでノートに書いた文字を消すように、歯を消しゴムみたいに擦って綺麗にできるグッズです。

・タバコを吸っていてヤニ汚れが付着している
・コーヒーや緑茶によるステイン汚れが溜まっている
・日常生活の中で歯の黄ばみが進行している

上記に該当する方に歯の消しゴムは効果的で、シリコンで形成されたゴム状の製品はドラッグストアやAmazonで販売されています。

・歯の表面を磨くのに優れたフラットタイプ
・先が細くなっていて使いやすいペンタイプ
・水を含ませて歯の表面を擦るスポンジタイプ
・専用の研磨剤を塗布して磨くタイプ

このようにホワイトニング効果を持つ歯の消しゴムは種類が多く、歯磨きやブラッシングで取り除くことができない汚れにピッタリです。

歯の消しゴムでホワイトニング効果が期待できる理由は?

歯の消しゴムを使い、なぜホワイトニング効果が期待できるのか疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

これは製品の中に研磨剤が含まれていて、摩擦による刺激で表面の汚れを擦って綺麗にできるからです。

・リン酸水素カルシウム
・無水ケイ酸(シリカ)
・炭酸カルシウム
・重質炭酸カルシウム
・水酸化アルミニウム

上記の研磨剤が代表的で、書いた文字を落とす感覚で歯の着色汚れやステイン汚れを除去できます。

歯磨き粉を使用してブラッシングする効果は一緒でも、シリコン状の消しゴムの方が細かく磨くことができ、歯に当たる面積が広いのが特徴です。

もちろん、歯科医院で行われているホームホワイトニングのように、歯を漂白したり汚れを分解したりすることはできません。

その代わりに歯ブラシでは落としきれない表面の汚れを除去でき、ブラッシングと同じように自宅で自分の好きなタイミングで処置を施せるのがメリットです。

歯の消しゴムの正しい使い方をチェック!

基本的に歯の消しゴムはシンプルな使い方でOKで、決して難しくありません。

スポンジタイプなのかペンタイプなのかによって異なるものの、大まかな使い方について見ていきましょう。

 

①タオルやティッシュペーパーを使って歯の表面の水気を拭き取る

②表面に付着した汚れを落とすように優しく擦る

③使用後は口に水を含んでうがいをする(歯磨きをしても良い)

④ゴムの部分も同じように水洗いして汚れた場合はカットする

 

特別なものを用意する必要はなく、ドラッグストアやネット通販で歯の消しゴムを購入して直ぐに使用できます。

全ての歯を綺麗にしようとすると3分~5分はかかってしまいますが、ピンポイントで着色汚れやヤニ汚れが気になる部分へと擦って落とすのであれば1分もかかりません。

歯の消しゴムでおすすめの製品は?

以下ではホワイトニング効果が期待できる歯の消しゴムのおすすめ製品を幾つか挙げてみました。

トゥースティックダブル:Amazonで約500円とお手頃な価格で販売されており、フラット型とペン型の両方が細かい歯の隙間まで届くように設計されている

JDBネットワーク ステインバスター:歯の裏側や隙間にも使用可能な3種類のアタッチメントがついていて、ラテックスゴムが材質として使われている

クリアデント歯のピーリングスポンジ:オーラルケア専門メーカーから販売されていて、研磨剤ではなく歯に優しい特殊加工メラミンフォームを使っている

ステインイレイサー スリム:シリコンゴムを使ったオーソドックスな歯の消しゴムで、商品名の通りステイン汚れの除去として適している

歯科医院でホワイトニングの処置を受ける場合、数万円の費用を支払わなければなりません。

その点、歯の消しゴムは数百円から1,000円と価格が非常に安く、歯ブラシの代わりとして表面に付着した汚れを落とすのに重宝します。

歯の消しゴムでホワイトニングケアを行うデメリットは?

「歯の消しゴムを使って擦れば擦るほど歯が白くなる!」と考えている方は多いのではないでしょうか。

確かに、ステイン汚れや着色汚れを落とすグッズとして適していますが、あまりにも頻繁に使い過ぎていると歯の表面にダメージが加わります。

①歯の消しゴムには研磨剤が入っていてゴシゴシ擦ることでステインを落としていく
②ステイン汚れを除去すれば一時的に歯を白くする効果が見込める
③その代わりに歯の表面を覆っているエナメル質が削り取られてしまう
④以前よりも新たな着色汚れがついて歯の黄ばみが加速する

このようなデメリットがあり、磨きすぎによって知覚過敏のリスクが高まるケースも少なくありません。

研磨剤を含む歯磨き粉は使わない方が良いと歯科医師も勧めているため、歯の消しゴムで擦って落とすのではなくホワイトニングジェルの使用がおすすめです。

・ホワイトニングジェルには研磨剤が入っていない
・削るのではなく汚れを浮かせて取り除く効果を持つ

こういった特徴を持ち、歯の表面にダメージを与えることなく歯の黄ばみを解消して白くする効果が見込めますので、着色汚れを落とす有効成分が入った「はははのは」を一度使ってみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


-ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.