ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

歯の黄ばみにおすすめのホームホワイトニング

更新日:

歯の黄ばみが引き起こされる原因は?

歯の黄ばみは見た目の印象が悪くなりやすく、男性でも女性でも気になってしまいますよね。

以下では、歯の黄ばみが引き起こされる原因を幾つか挙げてみました。

・コーヒーや赤ワインなど色のついた食べ物や飲み物によって色素(ステイン)が歯の表面に付着している

・毎日のブラッシングが不十分だと歯垢(プラーク)が付着し、歯石となって残ると歯が変色したように見える

・喫煙者はタールやニコチンなどのヤニ汚れが付着する

・加齢によって象牙質が黄色から濃く変化し、エナメル質の薄さと合わさって透けて見えるようになる

・風邪薬のシロップに含まれていることの多いテトラサイクリン系の抗生物質を服用している

・ドライマウスの人は口内の乾燥で唾液による洗浄効果が弱くなり、ステインやプラークが付着しやすくなる

加齢による影響など自分では防げない原因もありますので仕方がありません。

しかし、色の濃い食品を食べる機会が多かったり喫煙習慣があったりと、日々の生活習慣が引き金となって歯の色が変化していくこともあります。

歯の黄ばみにおすすめのホームホワイトニングを試してみよう

・毎日歯磨きをしているのに歯が黄ばんでいる
・生まれつきの歯の黄ばみで悩まされている
・周りの人よりも歯が黄色っぽいのが嫌だ

こんな悩みを抱えている方には、ホームホワイトニングがおすすめです。

歯の着色に関する悩みはホームホワイトニングで解決でき、歯へと余計なダメージを与えることなく美しい白い状態へと変化させられます。

なぜ歯の黄ばみを改善して白くできるのか、ホームホワイトニングのメカニズムを見ていきましょう。

①ホワイトニングの処置に注力している歯科医院へと足を運ぶ

②ホワイトニングコーディネーターへと悩みを相談する

③歯の撮影を行った後に型取りをして自分のマウスピースを作る

④処方された薬剤をマウスピースの中に流し込んで自宅で装着する

⑤薬剤が歯の奥へと浸透して少しずつ白い状態へと導いてくれる

⑥2週間~4週間を目安に歯の白さのチェックやクリーニングを歯医者で行う

使う薬剤の濃度は低いため、「歯が脆くなる」「口内に炎症が引き起こされる」といったトラブルはありません。

マウスピースの着用時間やホワイトニングの間隔など、医師から伺った正しい方法で行っていれば安心です。

「他人の視線が気になる」「鏡を見る度に落ち込んでしまう」と歯の黄ばみを何とかしたい方は、一度ホームホワイトニングを試してみましょう。

ジェルを使った自宅でのホワイトニングも歯の黄ばみにはおすすめ!

マウスピースを使うホームホワイトニングではなく、ジェルや歯磨き粉を使った自宅でのホワイトニングも歯の黄ばみにはおすすめです。

歯を白く導く成分がジェルの中には含まれていて、普段と同じようにブラッシングをして自然な白さへと導いてくれます。

薬剤を使ったホームホワイトニングと比較し、どんなメリットがあるのかまとめてみました。

・マウスピースを作成したり薬剤を処方してもらったりと歯科医院へと足を運ばなくて良い

・継続して使用することで徐々に黄ばみのない自然な色の歯へと近付くことができる

・高額な費用を支払うことなく黄ばみのケアができる(ホームホワイトニングは保険適用外の処置)

歯の漂白ではなくステインや汚れを落とすのが目的ですので、1日や2日で真っ白な状態にすることはできません。

その代わりに薬剤の刺激を歯や歯茎へと与えることなく黄ばみを解消でき、ホワイトニングジェルの選び方で迷っている方には「はははのは」がおすすめです。

・95%の人が3週間で効果を実感していてホワイトニングに特化している
・パパインやソープナッツなどオーガニック由来の成分が入っている
・研磨剤やフッ素などダメージを与える添加物を含まない無添加のジェル
・安心して使えるように10日間の返金保証制度が採用されている

このような特徴が「はははのは」にはあり、自宅でゆっくりと黄ばみを解消するケアを行ってみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


自宅での間違ったホワイトニングの方法に注意!

自宅で歯を白くするホワイトニングを行うに当たり、間違った方法には注意しなければなりません。

・自分では効果があると思っていた
・歯の黄ばみに良いと考えていた

上記のような方法で逆に黄ばみが加速し、見た目のイメージが更に悪くなる可能性は十分にあります。

どんなホワイトニングの方法が間違っているのか幾つか見ていきましょう。

1日に何回も歯を磨いている⇒象牙質をコーティングするエナメル質が削られて余計に黄色く見える

力を入れてゴシゴシとブラッシングしている⇒歯磨きの回数が多い状態と同じでエナメル質が削れる

研磨剤入りの歯磨き粉を使っている⇒歯の表面が無駄に削られて内部の黄色い象牙質があらわになる

歯の消しゴムを使っている⇒薬局やネット通販で簡単に入手できるが、長期の使用で歯へとダメージが加わる

果物を使って歯磨きしている⇒強い酸に長時間に渡って晒されることで虫歯や知覚過敏のリスクが高まる

「歯磨きの回数が多ければ多いほど黄ばみの解消に繋がる」と比例した効果が得られるわけではありません。

歯の表面のエナメル質にダメージが加わっていては全く意味がないので、歯を白くしたい方は優しいケアを毎日の生活の中で心掛けてください。

-ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.