ホワイトニングジェルの使い方

ホワイトニングジェルの効果を持続する方法

更新日:

ホワイトニングの持続期間はどのくらい?

ホワイトニングの持続期間は、以下のようにやり方によって違いがあります。

オフィスホワイトニング⇒3ヶ月~6ヵ月程度
ホームホワイトニング⇒6ヶ月~1年間程度
自宅でのホワイトニングジェルの使用⇒使い続ける限り

オフィスホワイトニングの場合は高濃度の薬剤を浸透させて歯を白くしていく形となり、効果に即効性がある代わりに持続期間は長くありません。

一方でホームホワイトニングでは濃度の低い薬剤を使って長期間に渡って薬剤を浸透させていくので、白くなるのに時間がかかっても長持ちしやすいというメカニズムです。

自宅でホワイトニングに特化したジェルや歯磨き粉でブラッシングする方法は、使い続ける限り白い状態をキープできます。

・歯科医院のホワイトニングのような即効性はない
・その代わりに毎日磨いていれば自然な歯の色を維持できる
・早い人だと2週間~1ヵ月程度で効果を実感できる

上記のような特徴があり、「自宅で処置を行いたい」「歯科医院へと通院する時間がない」「安全に歯を白くしたい」と考えている方にホワイトニングジェルがおすすめです。

ホワイトニングジェルの効果を持続する方法をチェック!

ホワイトニングの方法に限らず、一度白い歯を手に入れたとしても何もメンテナンスをしなければ少しずつ元の状態に戻っていきます。

①私たちの歯の表面はツルツルではなく目に見えない小さな溝がある
②コーヒーやお茶など毎日の食事でステインがしみ込んでいく
③放置していると汚れが重なって着色汚れが引き起こされやすくなる

こういったメカニズムとなり、いつまでも白さを維持できるわけではありません

そこで、以下ではホワイトニングジェルの効果を持続する方法を幾つか挙げてみました。

見た目のイメージを良くするために一度実践してみてください。

毎日ホワイトニングジェルでブラッシングを行う

自宅で行うセルフホワイトニングは繰り返し行うことで効果が持続しますので、毎日ジェルや歯磨き粉を使ってブラッシングするのが最も大事です。

一度磨いても希望の白さにはならず、毎日繰り返し磨いて使っている期間が長くなるほど効果が長続きします。

ただ漫然と使うのではなく正しいブラッシングを意識するのも大事で、ホワイトニングジェルの使い方について見ていきましょう。

①歯ブラシを水で濡らさずに適量のホワイトニングジェルを出す
②着色汚れが気になる部位を中心に磨いていく
③表面や裏側など口内全体を満遍なくブラッシングする
④3分間~5分間程度磨いたら口の中を軽くすすぐ

丁寧な歯磨きを朝と晩の1日に2回行い、汚れを除去していれば白い状態が持続します。

今まで使っていた市販の歯磨き粉をホワイトニングジェルへと変えるだけですし、製品はネット通販で購入できますので決して難しくありません。

ホワイトニングジェルの「はははのは」は、植物酵素の力で汚れを浮き上がらせるだけではなく口内の乾燥を防いで口臭からも守ってくれます

口内環境全体を整えられるホワイトニングジェルですので、是非一度「はははのは」を試してみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


歯に付着しやすい色の濃い飲食物を避ける

完全に防ぐのは難しいものの、歯に付着しやすい色の濃い飲食物をできる限り避けるのはホワイトニングジェルを効果を持続させる上で欠かせません。

具体的にどんな飲食物が該当するのか幾つか挙げてみました。

<歯に汚れがつきやすいもの>
・カレー
・ワイン
・コーヒー
・お茶
・コーラ

<汚れをつきやすくさせるもの>
・レモン
・梅干し
・炭酸飲料

カレーやワインは色が濃いのでそのまま歯に付着しやすいですし、レモンや梅干しを中心とする酸性の食品は歯のエナメル質を溶かして他の汚れが入り込みやすくなります。

これらの食べ物や飲み物を食べた時は、なるべく早めに口を流水でゆすいで歯への着色を防ぎましょう

タバコのヤニ汚れに注意する(禁煙する)

タバコの中にはタールやニコチンなど化学物質が多く、歯を茶色へと変色させる働きがあります。

黄ばみや着色汚れの大きな原因となるのは間違いないので、ホワイトニングジェルの効果を持続させたい人はなるべく禁煙しましょう。

一度歯へと付着したヤニ汚れは意外と落ちにくく、毎日の歯磨きで綺麗に取り除くことはできません。

・歯科医院で歯石除去の処置を受ける
・クリニックでPMTCなどのクリーニングをする

上記のように歯科医院やクリニックを訪れなければならず、綺麗な歯を手に入れるために喫煙は弊害となりやすいと心得ておくべきです。

歯科医院で歯をコーティングする

ホワイトニングジェルで白くなった歯をずっと維持したいのであれば、歯科医院での歯のコーティングをおすすめします。

クリニックによってはCR接着修復法とも呼ばれていて、どんな処置なのか見ていきましょう。

①変色した部分の歯の表面を僅かに削り取る
②白いコンポジットレジンを薄く研磨してコーティングする
③厚塗りすることで着色汚れを未然に防げる

オフィスホワイトニングよりも安い費用で済み、エナメル質へと汚れが入り込むのを防いでくれます。

どれだけ頑張っていても、日々の食事で歯が汚れるのは仕方がありません。

完全に防ぐのは難しいからこそ、コーティング剤やケア剤の使用も考慮してみてください。

-ホワイトニングジェルの使い方

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.