ホワイトニングジェルの選び方

オーガニックや無添加のホワイトニングジェルが良い理由

更新日:

オーガニックや無添加のホワイトニングジェルが良い理由をチェック!

近年ではオーガニックや無添加のホワイトニングジェルがインターネット通販で数多く登場しました。

オーガニック⇒化学農薬や化成肥料を使わずに栽培した植物を使った化粧品やサプリメント

無添加⇒健康にあまり良くない防腐剤や着色料などの添加物が入っていない化粧品や食品

このような意味合いを持ち、「肌に良さそうだから」「肌に優しそうだから」という理由でオーガニックや無添加のコスメアイテムを使っている女性は少なくありません。

歯を白くするホワイトニングジェルにもメリットがあり、他の製品よりも高い人気を誇っています。

以下ではオーガニックや無添加のホワイトニングジェルが良い理由をまとめていますので、選び方で迷っている方は一度チェックしておきましょう。

天然の植物成分の力でステイン汚れを落とせる

オーガニックに拘ったホワイトニングジェルであれば、化学成分に頼らずに天然の植物成分の力でステイン汚れを落とせます。

・無農薬の植物を使っていてアレルギーのリスクが少ない
・歯や歯茎など口内へのダメージが抑えられている
・自然の力で歯を白い状態へと導くことができる

上記のようなメリットがあり、歯茎が炎症を起こしたり知覚過敏で歯がしみたりといった刺激は一切ありません。

歯磨き粉の代わりとして使えるホワイトニングジェルは、基本的に毎日のブラッシングとして活用します。

つまり、長期間に渡ってケアを行う形となり、安全性で比較するに当たってオーガニックかどうかは選ぶポイントとなるのです。

歯のエナメル質を傷付ける研磨剤が含まれていない

無添加のホワイトニングジェルの中には、歯のエナメル質を傷付ける研磨剤が含まれていません

薬局やスーパーで市販されている歯磨き粉には、以下の研磨剤が含まれていることがあります。

・含水ケイ酸
・酸化チタン
・重質炭酸カルシウム
・ハイドロキシアパタイト
・ピロリン酸カルシウム
・リン酸水素カルシウム

人体に大きな危険性はないものの、含有量が多ければ多いほど不必要に歯の表面のエナメル質を削り取り、象牙質が傷付く原因となるのです。

歯科医師の間でも研磨剤入りの歯磨き粉は避けるべきだと認識されていますので、歯を白くするホワイトニングジェルを選ぶ時も研磨剤が不使用なのかどうか確認しておきましょう。

泡立ち成分の発泡剤が入っていない

市販の歯磨きジェルや歯磨き粉の中には、以下の発泡剤が入っていることがあります。

・ラウリル硫酸ナトリウム
・N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム
・ショ糖脂肪酸エステル
・ラウロイルサルコシンナトリウム

気にするほどの害はありませんが、泡立ちを良くする成分ですのでしっかりと歯を磨くことができません。

軽くブラッシングをしただけでも大量の泡が出て磨けたと錯覚しやすく、磨き残しが発生して虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。

しかし、無添加のホワイトニングジェルは発泡剤が入っておらず、1本1本の歯にブラシを当ててきちんと磨けるのがメリットです。

正しい磨き方を続けることで表面の着色汚れが綺麗に落ち、歯を白くする効果を実感できます。

オーガニックや無添加の代表的なホワイトニングジェルは?

ホワイトニングジェルの安全性を重視している方のために、以下ではオーガニックや無添加の代表的な製品を幾つか挙げてみました。

どれも穏やかな作用で歯を白くするケアができますので、選び方の参考にしてみてください。

はははのは

「はははのは」は1日に66円と格安の料金で歯を白くするケアが可能なホワイトニングジェルです。

料金の安さだけではなく安全性にも拘り、以下の添加物は一切含まれていません。

・研磨剤
・発泡剤
・着色料
・漂白剤
・合成界面活性剤
・パラベン

無添加なのに加えて、完全無農薬で栽培された10種類のオーガニック成分が表面に潤いを与えてコーティングしたり保護したりしてくれます。

ドライマウスや口臭で悩む方にもおすすめで、是非一度「はははのは」を使ってブラッシングをして綺麗な歯を手に入れてみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


-ホワイトニングジェルの選び方

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.