ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

10代でも大丈夫?ホームホワイトニングの年齢制限は?

更新日:

ホームホワイトニングに年齢制限はあるの?

近年では若年層の美意識が向上し、ホワイトニングを行う若者が増えました。

・10代でもホームホワイトニングはできるの?
・ホームホワイトニングに年齢制限はあるの?
・未成年でも歯科医院へと足を運んで処置を受けられるの?

このような疑問を抱えている方は多く、歯の黄ばみを解消して白くて美しい状態を手に入れたいと考えるのは誰でも一緒です。

しかし、法律で年齢制限が規制されているわけではないものの、成長過程の未成年のお子さんは基本的にオフィスホワイトニングやホームホワイトニングはできません

「18歳未満はNG」という年齢制限があり、その理由を見ていきましょう。

10代前半の子供は歯のエナメル質が十分に成熟していない

「自分の子は生まれつき歯が黄色いからホームホワイトニングをさせてあげたい」と考えている親御さんはいます。

「学校でイジめられるのでは?」と不安を抱える気持ちは分かるものの、10代前半の子供は歯のエナメル質が十分に成熟していません

①マウスピースを着用して薬剤を浸透させるホームホワイトニングを行う

②歯の表層を構成しているエナメル質へと薬剤が浸透して作用する

③少しずつ時間をかけて歯が綺麗な白い状態になっていく

④エナメル質が未成熟だと知覚過敏などの副作用が出やすくなる

上記のようなメカニズムとなり、安全性を考慮するとエナメル質の成熟が完了した18歳以降の処置が適しています。

歯医者によっては、全ての歯が永久歯に生え変わっていればOKだと年齢制限を低くしているところがありますが、歯の漂白による悪影響が幾つかあると心得ておいた方が良いでしょう。

歯の健全な成長を妨げる危険性が高い

マウスピースを使うホームホワイトニングは、ライトを照射して歯を白くするオフィスホワイトニングよりも安全です。

濃度の高い過酸化水素ではなく穏やかな作用が期待できる過酸化尿素を使っているのが理由で、歯を白くするまでの時間が長い代わりにダメージが少なくなっています。

しかし、歯が発達していない未成年に使用すると、健全な成長を妨げる危険性が高いので注意しなければなりません。

・薬剤による悪影響は少なからずある
・長期間の使用で歯にダメージが加わる

ホームホワイトニングにもこういったリスクがあり、10代の未成年は他の方法で歯を白くするケアを行うべきです。

ホームホワイトニングは何歳になってもできるの?

未成年者ではなく、「ホームホワイトニングは何歳になってもできるの?」と疑問を抱えている高齢者はいます。

専用の薬剤を使った方法ですが、50代でも60代でも年齢の上限は特に設定されていません

ただし、年齢によってホームホワイトニングの効果が変わりやすく、その理由を見ていきましょう。

①過酸化尿素などの薬剤は歯の表層を構成するエナメル質に作用する
②厚みがあればあるほど歯を白くする効果が高くなる
③エナメル質の厚みは加齢によって少しずつ摩耗して減少する
④内部の黄色い象牙質が透ければ歯が黄ばみやすくなる

20代と60代の人を比べてみると20代の若者の方が効果を実感しやすく、高齢者の場合は「中々歯が白くならない」というケースもありますので注意が必要です。

自宅で使えるホワイトニングジェルには年齢制限がない!

歯科医院の力を借りて行うオフィスホワイトニングやホームホワイトニングとは違い、自宅で歯磨きやブラッシングをするホワイトニングジェルには年齢制限がありません

小さなお子様でも10代の学生さんでもホワイトニングジェルは使用でき、その理由を幾つか挙げてみました。

・医薬品ではなく医薬部外品として指定されている
・医薬品の薬剤の過酸化尿素が使われていない
・歯の汚れにアプローチする植物酵素や成分がメインで入っている
・知覚過敏や歯茎へのダメージなど副作用のリスクがない

安全性が遥かに高いのが大きな理由で、オーガニック由来の成分を使った製品は10代の子供だけではなく幼稚園など小さなお子さんにも使えます。

天然の洗浄成分が歯の汚れに入り込んで流してくれるというメカニズムです。

毎日の歯磨きをジェルに変えるだけで良い「はははのは」は年齢制限がなく、10代の未成年でも安心して使用できます。

・製薬会社と共同で開発された医薬部外品
・研磨剤や漂白剤など刺激的な成分が不使用
・植物酵素の力でステインを浮き上がらせる
・小さな子供が口に入れても安全な成分しか入っていない

このような特徴が「はははのは」にはあり、自宅でホワイトニングケアを始めたいと考えている方は一度試してみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


10代の未成年は正しい歯磨きの方法を身につけよう

10代の未成年はマウスピースを使ったホームホワイトニングで歯を白くするのではなく、正しい歯磨きの方法を身につける方が先決です。

「歯が白い=歯が健康」というわけではありませんし、正しいやり方でブラッシングしていれば歯垢やステインが歯に付着するのを防げます。

そこで、以下では汚れの付着を防ぐために、今直ぐに実践したい歯磨きの方法をまとめてみました。

・ペンで字を書くように歯ブラシを持って余計な力を入れずに磨く(強く磨いていると歯のエナメル質が削れて黄ばみの原因になる)

・「歯と歯の間」「歯と歯肉の境目」「奥歯の噛み合わせ」は磨き残しが発生しやすく、普段から意識して汚れを落とす

・前歯を磨く時はブラシを縦にして小刻みに動かして磨く(横向きだと歯茎との間の汚れを落とすのが難しい)

・5㎜~10㎜の幅を目安にして1本~2本ずつ丁寧に焦らずに磨いていく

歯垢(プラーク)をしっかりと取り除いていれば歯の黄ばみだけではなく、虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

毎日のブラッシングは自然なホワイトニングと言っても過言ではないので、小さなお子さんには親御さんがしっかりと教えてあげてください。

-ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.