ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

妊娠中の妊婦さんは自宅でホワイトニングができる?

更新日:

妊娠中の妊婦さんが歯の黄ばみで悩む理由は?

妊娠中の妊婦さんは他の女性と比べて、歯の黄ばみが引き起こされやすくなっています。

個人の食生活によって異なりますので一概には説明できないものの、その理由を簡単にまとめてみました。

①妊娠初期の妊婦さんはつわりによる影響で吐き気で悩まされやすい
②歯磨きしようと歯ブラシを口の中に入れると吐き気が強くなる
③普段とは違って満足にブラッシングをすることができない
④磨き残しが増えて着色汚れが蓄積されていく

つわりの時期を過ぎれば安定し、いつもと同じような歯ブラシタイムを迎えられます

しかし、吐き気の症状が酷くなればなるほど磨き残しが増えやすく、歯の黄ばみに加えて虫歯のリスクも高まるのです。

妊娠中の妊婦さんは自宅でホワイトニングができるの?

妊娠中の妊婦さんも他の女性と同じように、「いつまでも綺麗でありたい」と考えるのは普通なのではないでしょうか。

歯の黄ばみは見た目のイメージが損なわれやすく、何とかして歯を白くしようと頑張っている方は少なくありません。

歯を白くする代表的な方法はホワイトニングですが、妊娠中の妊婦さんはできるケアとできないケアがあります。

・妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを育てる大事な時期

・ホワイトニングをするに当たって胎児への影響を考えなければならない

このような理由でホワイトニングのやり方には細心の注意を払うべきです。

以下では妊娠中に自宅でどんな方法を行えば良いのか、どんなホワイトニングが危険なのかまとめてみました。

ネット通販のホワイトニングジェルの使用はOK

ネット通販で販売されているホワイトニングジェルは歯磨き粉の代わりとして使用でき、妊娠中の妊婦さんでも安心して使用できます。

・口の中から成分が体内に入ったらどうしよう・・・
・お腹の赤ちゃんに悪影響があるのでは・・・

こういった不安を抱えている女性は多いものの、ホワイトニングジェルの中に医薬品成分は入っていません。

現在では植物酵素や天然のオーガニック成分で構成された製品が多く、安全性に拘っているのが評判の高い理由です。

普段と同じようにブラッシングするだけですし、歯や歯茎へとダメージを与えることなくステイン汚れを浮き上がらせて白い状態へと導いてくれます。

ホワイトニングジェルの「はははのは」は妊娠中や授乳中の女性でも使用可能で、無添加に拘っているからです。

・研磨剤
・発泡剤
・漂白剤
・着色料
・合成界面活性剤
・パラベン

上記の添加物は一切含まれておらず、製薬会社の株式会社メディカルドーズと共同で作られているのも安心のポイントですので、妊婦さんは「はははのは」を使って歯を白くするケアを自宅で始めてみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


歯のマニキュアを塗布するのはOK

妊娠中に一時的に歯の色を白くしたいのであれば、マニキュアの塗布がおすすめです。

爪を好きな色へと塗るように歯のマニキュアも現在では薬局やドラッグストアで購入できます。

・歯の表面にコーティングを施すことで白い状態で見せられる
・神経を抜いた歯や差し歯などにも使って白くできる
・1日の終わりに歯磨きをすれば簡単に落とすことができる

このようなメリットがあり、妊婦さんの身体やお腹の赤ちゃんに危険な成分は一切含まれていません。

一時的な対処療法ですのでホワイトニングとは言えないものの、大事なイベントを控えていて歯を白くするケアが間に合わない時は歯のマニキュアを使ってみましょう。

薬剤を使ったホームホワイトニングはNG

自宅で歯を白くできるホームホワイトニングは女性からも男性からも人気で、一度歯科医院へと受診してマウスピースを作成するだけで後は自分で薬剤を浸透させるだけです。

オフィスホワイトニングよりも安い料金なのがメリットですが、妊娠中の妊婦さんは行ってはいけません

・オフィスホワイトニングでは濃度の高い過酸化水素が使われている
・ホームホワイトニングでは濃度の低い過酸化尿素が使われている

上記のようにホームホワイトニングで使う薬剤は刺激が少ないのが特徴です。

しかし、過酸化尿素のホワイトニング剤を妊婦さんへと用いた場合の影響は不明で、臨床試験で安全だとは立証されていません。

普段は安全だとしても、以下のように胎児へと何かしらの影響が出る可能性は十分にあります。

①過酸化尿素を含む薬剤をトレーに流してマウスピースを装着する
②マウスピースが歯型に合わなくて薬剤が口内に漏れ出す
③成分が口の中から入ってお腹の赤ちゃんに行き渡る

母体や胎児への影響が解明されていないからこそ、万が一の事態を考慮して妊娠中のホームホワイトニングは避けてください。

妊娠中に歯医者で治療を受けても良いの?

妊娠中の妊婦さんにホワイトニングは勧められていませんが、歯医者で虫歯や歯周病の治療は可能です。

・女性ホルモンの影響で歯周病菌が繁殖し、歯周病や歯肉炎を患いやすくなる
・唾液の分泌量が減って口内の嫌気性菌が増えやすく、虫歯になりやすい
・妊娠中は歯茎の出血や痛みを伴う妊娠性エプーリスを患いやすい

妊娠中の女性にはこのような特徴があり、口内の異常やトラブルを感じたら早めにお近くの歯科医院を受診しなければなりません。

専門医の指示に従って治療を受けていれば胎児への悪影響はなく、妊娠していることを伝えればきちんと対応してくれますので安心してください。

-ホームホワイトニング全般の注意点・疑問点

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.