ホワイトニングジェルの使い方

ホワイトニングジェルの使い方で押さえておきたいポイント

更新日:

ホワイトニングジェルの使い方で押さえておくべきポイントをチェック!

自宅で使用できるホワイトニングジェルは、歯を白く導くアイテムとして様々な年代の人から愛されています。

・ステイン汚れやヤニ汚れを浮かせて取り除く
・新たな汚れが表面に付着するのを防ぐ
・歯を白くして黄ばみを改善する

このような効果が期待できますが、正しい使い方を心得ておかなければなりません。

間違ったやり方では効果が半減してしまうので、以下ではホワイトニングジェルの使い方で押さえておくべきポイントをまとめてみました。

正しい歯ブラシの選び方を把握しておく

ホワイトニングジェルの使い方の前に、正しい歯ブラシの選び方を把握しておく必要があります。

自分に合わない歯ブラシによるブラッシングで、どんな弊害があるのか見ていきましょう。

・歯と歯の隙間に磨き残しが発生しやすい
・細菌の塊の歯垢を落とせていないと歯周病の原因になる
・硬い歯ブラシを使っていると知覚過敏のリスクが高まる

何気なく毎日の生活で使っている歯ブラシですが、意外にも選び方が重要なのです。

「○○○が良い」とは特に決められておらず、以下のように個人の悩みに合わせて臨機応変に変えるのがポイントとなります。

 

虫歯を予防したい⇒「硬さは普通」「毛先は真っ直ぐ」「ヘッドは小さめ」

歯周病を改善したい⇒「硬さは柔らかめ」「毛先は細め」

歯磨きが苦手⇒「振動で歯垢を除去する電動歯ブラシ」「粘度の高い細菌を除去できる超音波歯ブラシ」

 

電動歯ブラシは料金が高いのですが、便利なアイテムですので気に入った製品があったら購入してみてください。

適量のホワイトニングジェルを乾いた歯ブラシに出す

基本的にホワイトニングジェルの使い方は簡単で、毎日の歯磨き粉と同じようにブラッシングをするだけでOKです。

しかし、適量のジェルを乾いた歯ブラシの上に出して磨かなければならず、水で濡らしてはいけません

なぜ水で濡らしてはいけないのか理由を見ていきましょう。

①水を加えることでジェルや歯磨き粉の泡立ちが良くなる
②口内があっという間に泡だらけの状態になってしまう
③直ぐに吐き出してうがいをしたくなり、磨き残しが生じる
④歯と歯の間に詰まっている汚れを除去できない

発泡剤を含まないホワイトニングジェルであればそこまで気にする必要はないものの、泡立ちが良くなる成分が入った歯磨き粉を使う時は丁寧に汚れを落とすために乾かした状態でつけます

1回のブラッシングで使用する量に関しては、製品の公式サイトで確認すべきです。

・米粒大くらい
・ジェル3滴くらい
・歯ブラシの半分くらい

上記のようにホワイトニングジェルで違いがあり、少なすぎず多すぎない量を歯ブラシの上に出しましょう

歯の黄ばみや汚れが目立つ部分から磨く

前歯や下の歯の裏側など、人によって歯の黄ばみや汚れが目立つ部分は異なります。

裏側はまだしも表面は人の目につきやすく、汚れが目立つ部分を中心にホワイトニングジェルで磨くのが正しい使い方です。

①歯と歯の隙間や裏側はステインの汚れが付着しやすい
②汚れが目立つ部位を中心にブラッシングすると歯全体の色が均一になる
③特定の部分だけ黄ばみが出ることなく見た目のイメージが良くなる

ホワイトニングジェルには表面に付着した汚れを浮かせて取り除く効果があるからこそ、このようなブラッシング方法が適しています。

ホワイトニングジェルの中に入っているポリリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸ナトリウム(PAA)などの有効成分は唾液と混ざり合って薄まりやすく、汚れが気になる部分を最初に磨いた方が良い理由はお分かり頂けるでしょう。

効果にムラが出ないように全体を満遍なく磨く

ステイン汚れやヤニ汚れが目立ちやすい表面をブラッシングした後は、効果にムラが出ないように全体を満遍なく磨いていきます

①右上(表裏)
②右下(表裏)
③正面上(表裏)

上記のように自分の中で磨く順番を決めておくと、綺麗に食べカスや歯垢(プラーク)を除去できて虫歯や歯周病の予防に繋がるのです。

また、ホワイトニングジェルに限らず通常の歯磨き粉を使った時にも該当しますが、磨き方のコツを確認しておきましょう。

・外側を磨く時は歯に対して直角にブラシを当てる
・内側の磨きにくい部分は45度位の角度で当てる
・前歯の裏側は歯ブラシのかかとやつま先を使用する
・1回のブラッシングの時間は3分間を目安にする

これらの点に注意して磨き、ジェルが足りなくなるようであればその都度追加して磨き残しが発生しないように注意すべきです。

ゴシゴシと力を入れて磨きすぎない

「汚れをしっかりと除去したい」「黄ばみを綺麗に落としたい」と考えるあまり、力を入れてゴシゴシと磨いている方はいます。

研磨剤を含まないホワイトニングジェルであればそこまでの悪影響はないものの、エナメル質が傷付くと知覚過敏のリスクが高まるので気をつけなければなりません。

・冷たい飲み物で歯がしみる
・熱い食べ物でズキっと痛む

こういった症状で日常生活に支障が出やすく、歯ブラシを小刻みに動かして力を入れ過ぎないようにしてください

おすすめのホワイトニングジェルは?

以上のように、正しい使い方をしていればどんなホワイトニングジェルでも一定の効果が期待できます。

中でもインターネット通販で人気の「はははのは」がおすすめで、「1回の使用量は少しでOK」「意識して5分間磨く」「ブラッシング後のうがいは最低限」といったポイントを押さえていれば白くて綺麗な歯を手に入れられるのです。

1箱お試しコースでも1,980円と非常に安く、一度「はははのは」を使ってみてください。

はははのは

商品名 はははのは
価格 1,980円(税別)
内容量 30g


-ホワイトニングジェルの使い方

Copyright© ホームホワイトニングジェル事典 , 2018 All Rights Reserved.